平成28年10月16日          第14番~第24番札所まで廻りました。

                        ( 前回の続きです。 )

第十九番札所          新山観音堂          岩手県一関市花泉町
第二十番札所          中興山徳壽院                  花泉町
第二十一番札所         円通山観音寺         宮城県栗原市金成有壁
第二十二番札所         楽峰山勝大寺                     小迫
第二十三番札所         太白山長承寺             登米市中田町
第二十四番札所         遮那山長谷寺                  中田町

s-19
第十九番札所          新山観音堂          岩手県一関市花泉町
s-160
舗装の終点で左折。
s-159
畑の横の急坂を登ります。
s-161
途中から植林地に変わり、更に登ると、
s-163
新山観音堂です。
s-164
s-166
正面の扉に、何か書かれています。
s-165
だいぶ擦れた文字で、   「御自由に とびらを開けて 御参詣下さい。   別当拝」
扉を開けると、御朱印が置いてありました。
開けて良かった。     開けずに、宝持院に行きそうになりました。

------------------------------------------

s-IMG_0001
第二十番札所          中興山徳壽院          岩手県一関市花泉町
s-167
s-169
山門
s-170
正面に、本堂。               
s-172
その右手に、庫裡と鐘楼。               
s-173
左手に、観音堂。
s-176

------------------------------------------

s-IMG_0002
第二十一番札所         円通山観音寺         宮城県栗原市金成有壁
s-198
観音堂の入口の鳥居と、     観音寺の入口が並んでいます。
s-194
s-195
s-192
少し登ると傾斜が緩み、鐘楼の横を更に登ります。
s-193
右手の木は、かなりの太さがありました。
s-181
s-182
観音堂は、
s-183
扉が開いていて、
s-185
観音様を直接拝む事が出来ました。
s-188
更に奥の山頂には、秋葉宮。
s-180
鐘楼まで下って左折すると、正面に庫裡。          左手に、
s-179
本堂。
s-178
歴史を感じさせて、落ち着いたたたずまいが素敵でした。

------------------------------------------

s-22
第二十二番札所         楽峰山勝大寺          宮城県栗原市金成小迫
s-200
県道の入口に並んだ、3本の標柱。
s-201
白山神社の一之鳥居。
s-202
s-204
随身門の右手に、
s-203
社務所かな、     神楽殿の雰囲気もありました。
s-205
参道を進むと、観音堂と二之鳥居。
s-207
観音堂の前には。
s-208
s-215
s-209
観音堂の奥の少し高い所には、石祠等。
s-212
奥の建物は弓道場でしたが、床が全部剥がされていました。
s-216
二之鳥居の横の木は、     今回で一番の太さがありました。
s-218
石段を登った左手は、     小さな授与所。
s-220
拝殿
s-221
本殿は全部鞘堂に覆われ、床下の礎石位しか窺えませんでした。
s-223
一之鳥居から少し戻った、道路向かいに墓地が見え、
s-224
その奥が、
s-226
勝大寺でした。 (参道から)
s-225
本堂の左奥は、集会所。
s-228

------------------------------------------

s-23
第二十三番札所         太白山長承寺          宮城県登米市中田町
s-230
千手観音堂の鳥居。
s-231
山門の左奥に、
s-233
s-234
s-235
千手観音堂と、手前に
s-237
子安堂。
s-236
千手観音堂からは、               右手の本堂に回廊が続いていました。
s-238
賽銭箱の上には、千手観音の御写真。
s-241
子安観音の前には、
s-242
本堂。
s-243
狛犬まで下って、庫裡の横に登ると、
s-244
妙理堂。

------------------------------------------

s-261
R342入口の案内板。               
s-245
第二十四番札所         遮那山長谷寺          宮城県登米市中田町
s-257
石段を登ると、
s-248
右手に、観音堂。
s-249
左手には、
s-260
色々な、案内板等が並んでいます。
s-251
観音堂の左前方には、山神社等。
s-252
振り返ると観音堂の右側に、               桜の古木、
s-253
遮那桜
s-255
額が傾いていました。
s-250
観音堂の右横に、石祠等。
s-256
石段を半分程下った左に、
s-258
道場

午後4時を回って、庫裡には人がいませんでしたので、次回はここから廻ります。