30日、岩手県内で寄り道しました。

岩手県盛岡市八幡町          岩手護国神社
         八幡町          盛岡八幡宮
         名須川町         三ッ石神社 (御朱印無し)
     一戸町鳥越            鳥 越 観 音

s-020
盛岡八幡宮の北側の鳥居
s-021
参道を少し進むと、
s-024
左側に鳥居があります。
s-025
岩手県盛岡市八幡町          岩手護国神社
s-026
s-016
拝殿
s-IMG_0001-2
s-017
左の一段高い所に、
s-018
戦没者遺骨奉安殿
s-021 - コピー
一度戻って、先に進みます。               南側の鳥居の前を、通過して振り返ると。
s-001
次に、南側の鳥居を潜って振り返ると、
s-002
s-004
途中に、青銅灯篭
s-006
階段の手前、右側に交通安全神社。
s-005
s-007
左側には、十二支神社と大黒・恵比須社。                    階段を登ると、
s-009
岩手県盛岡市八幡町       盛岡八幡宮             右側に授与所と、奥に社務所。
s-IMG_0001-1
s-011
階段を下り、大黒・恵比須社の横を進むと、笠森稲荷神社。
s-012
梅宮
s-013
神明社
s-014
護国神社に出ました。                    その手前には、
s-015
戦没者名簿の奉安殿と、一段高い所に本殿。

その他にも、たくさんの境内社等がありました。
また、盛岡八幡宮や護国神社が、北西の盛岡城を向いていたのが印象的でした。


------------------------------------------


s-027
岩手県盛岡市名須川町         三ッ石神社
s-028
大木の奥に、拝殿と大石。
s-030
大きな石には、鎖と注連縄が巻いてありました。
s-029
s-032
ここが岩手の語源と、盛岡さんさ踊りの発祥地の様です。
s-031
大きな石は、
s-035
三ッ並んでいました。
s-034
本殿
s-036


------------------------------------------


s-097
 岩手県一戸町鳥越                 鳥 越 観 音
s-099
左側のUP。
s-068
参道入口
s-067
s-066
下の駐車場。                    この奥から林道を車で登れます。
s-070
中腹の駐車場からは、参道のここにでます。
s-071
少し登ると、
s-072
仁王門。                  中には、釣鐘もありました。
s-073
s-074
s-077
また少し登ると、見えてきました。
s-079
参道途中の境内社。
s-078
石段の正面に、大きな境内社。
s-082
だいぶ近付きました。
s-083
何神社なのかは、結局分かりませんでした。
s-085
振り返ると。
s-084
s-089
s-088
扉が開いており、
s-087
靴を脱いで、中で参拝出来ました。
s-IMG_0001
麓の住宅で、御朱印を頂けましたが、
大きな朱肉と御朱印を預けられ、はじめて自分で御朱印を押しました。
多少曲がってしまったのは、御愛嬌。
「糠部二十九番札所」と「鳥越山観世音」だったと思いますが、
長い年月で活字はつぶれ、ほとんど文字だった事も分からない状態でした。