相馬妙見三社は、福島県で一番有名な夏祭りの、相馬野馬追祭を執り行う神社です。

福島県南相馬市原町区中太田          相馬太田神社
           小髙区小高            相馬小高神社
     相馬市中村                  相馬中村神社
s-076
南相馬市原町区牛来               相馬野馬追祭場地
s-075
当日はイベント会場準備中で、邪魔な物がいろいろと写っていますが、
                              この平らな部分だけで、300m四方以上あります。
その広さに、ただただ驚きました。
s-074

平成28年11月2日、相馬太田神社と相馬小高神社に参拝しました。
相馬中村神社は以前参拝していますので、こちらに再録してまとめたいと思います。

相馬妙見三社は、福島県の浜通り北部に位置しています。
妙見信仰の崇拝者である相馬氏が、1323年に茨城県守谷城から移った
最初の居住地に、現在の「相馬太田神社」を祀り、
1336年に小高城に居城を移した際に、現在の「相馬小高神社」を祀り、
1611年に中村城に移り住んだ際に、現在の「相馬中村神社」を祀りました。

s-078
福島県南相馬市原町区中太田             相馬太田神社
付近には、「相馬郷発祥地」の石碑もありました。
s-079
s-IMG_0001
s-080
s-081
鳥居を潜ると、左手に
s-082
神輿殿。
s-083
s-084
拝殿
s-IMG_0003-1
s-085
右手には、絵馬殿。
s-090
その右にも、鳥居。
s-086
手前から、男山八幡神社と足尾神社。
s-087
拝殿横に、大きな板碑。
s-088
本殿右奥に、白山神社。
s-089
本殿
s-091
絵馬殿横の鳥居を潜って振り返ると、祈祷殿。


------------------------------------------

s-016
平成30年4月3日、再訪しました。
s-018
福島県南相馬市小髙区小高               相馬小高神社
s-093
石段を登って振り返る。
s-092
二之鳥居の先は、
s-094
左奥に向かって平地が広がっています。
s-095
参道は左にずれます。
s-096
三之鳥居
s-097
拝殿
s-IMG_0004
s-098
右に、社務所。
s-099
左に、絵馬殿。
s-100
拝殿の左には、雷神社と
s-102
天満宮。
s-101
本殿の下部は、珍しい造りをしていました。
s-104
本殿の背後の、林の中に奥之院。
s-105
本殿の右奥には、御神水。


------------------------------------------


s-012
相馬中村城の、大手門を入りしばらく歩くと、         
s-033
福島県相馬市中村               相馬中村神社
s-035
この左奥に駐車場があります。             右の赤い橋を渡れば、車で社務所に行けます。
s-014
ブロンズの御神馬が2頭。
s-015
右に、大きな案内板。
s-015-t
UP
s-016
一之鳥居
s-017
その先の左には、神楽殿。
s-018
正面には、北野天満宮。               参道は、突き当りを右へ。
s-019
その前に右を向くと、広場の奥に社務所。
s-020
参道を進むと、二之鳥居。
s-021
その先は工事中で、建屋に覆われていました。        
御神体は社務所に遷され、今はそちらで参拝出来ます。
s-IMG_0001
代わりに絵葉書を。
s-022
工事終了後に、改めて伺います。
s-023
s-024
右端の建物の屋根が、少しだけ垣間見えました。
s-IMG_0004

平成31年の初詣で、再訪しました。
s-012
正月飾り
s-014
境内の見取り図。 s-013
正面の北野天満宮で右折します。
s-015
s-016
大勢の参拝客で、石段の上部から並んでいます。
s-017
s-019
拝殿
s-020
本殿
s-022本殿周囲の彩色彫刻には、馬が刻まれていました。
s-018
拝殿前の左端に、神輿殿。          ここから社殿を右回りに廻ります。
s-021
左奥に、御神水舎と国王舎。
s-023
社殿の右側には、左から、松尾神社、塩釜神社と絵馬殿。