陸奥国 旧牡鹿郡には、延喜式内社が十座あります。

 ( 延喜式神名帳 )            ( 社  号 )                        ( 参 拝 日 ) 

 零羊埼神社 (明神大社)     零羊埼神社    宮城県石巻市真野      平成28年10月26日
                      零羊埼神社             湊          平成28年10月 2日
 香取伊豆御子神社         和 渕 神 社             和渕       平成28年12月 4日
 伊去波夜和氣命神社        伊去波夜和氣命神社       渡波           同   上
                      伊去波夜和氣命神社       水沼      平成28年10月26日


 曽 波 神 社               曽 波 神 社              蛇田      平成29年 7月15日
 拝幣志神社 (明神大社)     拝幣志神社             湊町      平成28年10月 2日
                      ( 箱崎八幡神社 )         湊町          同   上
 鳥 屋 神 社               鳥 屋 神 社             羽黒町      平成28年12月 8日
                      ( 羽黒神社 )            羽黒町         同   上
                      鳥屋崎神社             山下町          同   上


 大 嶋 神 社               大 嶋 神 社              住吉町      平成28年12月22日
 鹿嶋御児神社            鹿嶋御児神社           日和が丘    平成28年10月 2日
 久集比奈神社            久集比奈神社           上品山     平成29年 7月15日
 計仙麻神社              朝日山計仙麻神社         北村           同   上

零羊埼神社(湊)、伊去波夜和氣命神社(渡波)、鳥 屋 神 社、鹿嶋御児神社で、御朱印を頂いています。

s-001
宮城県石巻市蛇田                 曽 波 神 社
鳥居の扁額には、「曽波神社 愛宕神社」と2つ刻まれています。
s-003
社号標と石段。
s-004
石段の中間左に、石祠。s-008
石段を登り切ると、
s-007
「天台宗 東雲寺 跡地」の石碑。
s-009
その先に、曽波神社の社殿。
s-019
s-012
曽波神社の左の参道を登ると、右に分岐。
s-013
分岐の先のこちらが、本来の曽波神社の様です。
s-016
参道を山頂まで登ると、
s-018
愛宕神社。                    こちらも展望はありません。



____________________________________________



s-082
宮城県石巻市湊町               拝幣志神社 ・ 箱崎八幡神社
s-075
鳥居の扁額に、2つの社号。
s-076
二之鳥居は金具で固定されています。
s-077
こちらは、東日本大震災の津波で、神社や社務所が甚大な被害を受けています。
s-079
拝殿は流され、残っているのは御本殿でした。                    右に、板碑と御神倉。
s-080
近年の神社沿革が刻まれた石碑。



____________________________________________



s-018
宮城県石巻市羽黒町               鳥屋神社 ・ 羽黒神社
s-033
長い石段を振り返る。
s-034
二之鳥居
s-009
御由緒
s-009 - コピー
s-036
拝殿
s-IMG_0001
s-039
本殿
s-012
社殿右には、水神宮 ・ 龍神宮。
s-037
社殿左の境内社。
s-041
戻って、大きな石灯篭を左折、
s-044
石段から少し下った先で振り返ると、社務所横の一段下に小さな鳥居が2基。
s-045
神社周辺は公園に整備され付近からは、旧北上川越しに仙台湾が見えました。
s-047
表参道の途中で見上げる。                    大きな石灯籠は常夜灯の雰囲気もありました。



____________________________________________



s-021
宮城県石巻市山下町            鳥 屋 崎 神 社
s-030
大きな台座の割に小さな石灯篭。       石灯篭の上部は、後から作り直されたのでしょう。
s-023
拝殿
s-029
扁額と絵馬。
s-026
本殿
s-024
社殿左の境内社の前に、
s-025
たくさんの板碑。
s-027
奥の境内社には、     「鳥屋神社」「八幡神社」と刻まれた扁額が2枚。
s-028
社殿右側の境内社等。