平成29年4月6日、仙台市内を廻りました。

第二番札所          天台宗 眺海山康国寺仙岳院        仙台市青葉区東照宮
                  仙台三十三観音札所 第十一番            小 萩 観 音

第三番札所          曹洞宗 虚空蔵山大満寺           仙台市太白区向山

s-040
第二番札所          天台宗 眺海山康国寺仙岳院        仙台市青葉区東照宮
s-039-T
こちらは、仙台東照宮の別当寺として創建され、仙台藩の寺院格式の筆頭です。
また、今では世界遺産となった、平泉中尊寺の別当も兼ねてきました。
s-041
山門を潜ると、
s-042
右手に
s-043
仙台三十三観音霊場 第十一番札所               小萩観音
s-IMG_0001
s-046
その奥には、本堂の釈迦殿と
s-045
付随して一代守本尊堂がありますが、今は傷んでしまい竹垣で囲われています。
s-049
本堂と向き合って、瑠璃殿。
s-048
今はこちらに、本尊の釈迦三尊を始め、もちろん薬師三尊と十二神将、阿弥陀如来と四天王。
不動明王、荼枳尼天、弁財天等数え切れない程の仏像や仏画等が安置公開されています。

仙台藩の寺院格式筆頭の名に恥じない、寺宝の数々でした。

--------------------------------------------

s-008
第三番札所          曹洞宗 虚空蔵山大満寺            仙台市太白区向山
s-009
山門を潜ると、
s-011
左に、大満寺縁起がありましたが、擦れてかなり読み辛くなっていました。
s-012
正面に旧本堂。
s-014
その右に、
s-015
新本堂の鳳凰殿。
s-006
案内図
s-004
駐車場入口の全景図。
s-016
鳳凰殿の右には、庫裡が続いています。
s-018
玄関
s-019
右端には、お札や御朱印等が頂ける、慈雲庵がありました。
s-020
更に右には、虚空蔵堂の石段が延びていますが、
s-002
一旦下って市道入口の門から、改めて登り始めました。
s-021
石段の左に、慈母観音堂。
s-022
長い石段を登ると正面に、
s-024
虚空蔵堂。
s-IMG_0001-2

s-037
屋根の上には、龍と狛犬?唐獅子?
s-025
右には、八角堂。
s-027
左に、阿保原地蔵尊。                                      その右に、
s-026
千躰堂と鐘楼。
s-031
そこからは、青葉城祉の天守台にある、伊達正宗公の騎馬像の台座(中央付近)が見えました。
その下の森は、
s-029
瑞鳳殿のある経ヶ峯。             右端には、タワーマンションに隠れた中山大観音。
その背後には、だいぶ霞んでいますが、船形連峰の泉ヶ岳等も確認出来ます。     その右には、
s-028
仙台の元祖高層ビル、SS30(中央付近)を含む仙台の中心市街地が広がっています。
でも、以前この景色は見ています。           ここから右に、虚空蔵堂の背後を進むと。
s-035
本殿。                                その先には当然、
s-033
拝殿。
s-038
この神社は、広瀬川に架かる愛宕大橋に近い、
s-034
愛宕神社でした。