平成29年5月3~4日、庄内札所三十三観音霊場を初めて廻りました。

第一番             羽黒山 正善院          山形県鶴岡市羽黒町
第九番             湯殿山 大日坊                   大網
第十番             良茂山 持地院              酒田市日吉町
第十六番            松河山 海禅寺              遊佐町吹浦
第二十六番          大日山 長福寺              鶴岡市湯田川
第二十七番          大日山 井岡寺                   井岡
第二十八番          新  山 龍覚寺                   泉町

s-129
第一番        羽黒山修験本宗  羽黒山 荒澤寺正善院        山形県鶴岡市羽黒町
s-130
s-131
s-132
仁王門を潜ると、
s-137
左に、閻魔大王の石像。
s-135
正面に、黄金堂。
s-IMG_0006-2
庄内札所三十三観音霊場     第一番
s-IMG_0006
東北三十六不動尊霊場         第六番札所で、
奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場 第十七番札所でもあります。
s-134
右手に、お竹大日堂。
s-133
s-136
大日堂の左に、不動尊等
s-138
大日堂の背後には、鐘楼。
s-141
仁王門の真向かいに、長屋門。
s-142
s-140
本堂は黄金堂だと思いますが?


--------------------------------------------


4dbf5058.jpg
第九番        真言宗豊山派  湯殿山 瀧水寺金剛院大日坊        山形県鶴岡市大網
c5021a78.jpg
当日は参拝者が多く、以前の写真です。
7fdc24d2.jpg
本堂
ac3636be.jpg

s-IMG_0005-2
東北三十六不動尊霊場   第二番札所、でもあります。
観音様の御朱印は、次回改めて頂きます。
s-110
本堂の右奥のお堂。
s-111
更に右手には、法篋印塔と
s-114
開山堂。


--------------------------------------------


s-209
第十番          曹洞宗  良茂山 持地院          山形県酒田市日吉町
s-210
山門
s-207
s-208
本堂
s-IMG_0004-2
奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場     第十七番札所、でもあります。
s-221
門内は幼稚園の園庭ですが、その中に
s-218
酒田大佛。
s-220
やさしい面差しをされています。
s-212
像高13mの青銅釈迦牟尼佛の立像として、日本一の高さだそうです。
s-213
その背後には、
s-214
森の山地蔵堂と
s-215
舎利塔納骨殿。


--------------------------------------------


s-204
第十六番          曹洞宗  松河山 海禅寺          山形県遊佐町吹浦
s-206
山門の右手に、
s-205
たくさんの石塔。
s-203
本堂は左(南東)向きに建っています。
s-IMG_0004
奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場     第十八番札所、でもあります。


--------------------------------------------


s-024
第二十六番        真言宗豊山派  大日山 長福寺        山形県鶴岡市湯田川
s-025
本堂
s-IMG_0005
s-026
本堂前には、大日堂。
大日堂の背後は、延喜式内社 由豆佐売神社の参道で、通路で境内と繋がっています。
御住職に話を伺うと、以前は別当寺だったそうです。
s-027
本堂の左に、位牌堂だったかな?


--------------------------------------------


s-031
第二十七番        真言宗智山派  大日山 井岡寺        山形県鶴岡市井岡
s-046
仁王門
s-047
s-048
s-045
仁王門と本堂の間は、延喜式内社 猿賀神社の参道と繋がっています。
明治以前に井岡寺は、猿賀神社の別当寺でした。
s-042
本堂
s-043
s-044
庫裡。          御住職は不在で、御朱印を頂けませんでした。


--------------------------------------------


s-143
第二十八番          真言宗豊山派  新山 龍覚寺          山形県鶴岡市泉町
s-144
s-145
本堂
s-146
s-IMG_0007
御住職が不在で、観音様の御朱印は頂けませんでした。
こちらは、東北三十六不動尊霊場 第五番札所でもあります。


なぜ、札番が飛々になってしまったのかは、
すべて別の目的で廻ったら、たまたま全てが庄内札所三十三観音霊場に入っていたのでした。
いずれ機会がありましたら、続きを廻りたいと思います。