s-070
福島県の北西部、新潟県と境を接し、西会津町があります。
磐越道の西会津IC付近から、県道339号を南西に進んだ終点の大久保地区に、
大山祇神社の遥拝殿(下宮)があります。

s-new2
遥拝殿から4kmほど参道(林道)を進んだ先に、御本社(奥宮)がありますが、
そこから更に登山道を標高差200m程登った、岩崖付近に鳥居マークがあります。

今回は、そこまで行って見ました。

s-IMG_0001
大山祇神社は、会津六詣出の一つに数えられています。
s-091
こちらは、大久保遥拝殿(下宮)です。
s-090
s-089
拝殿
s-IMG_0002
s-087
左側より
s-083
更に左は、神楽殿。
s-088
遥拝殿の本殿。
s-085
神楽殿の前からの、台倉山。     この中腹に、御本社(奥宮)が鎮座しています。
s-007
駐車場の案内板を、右から。
s-008
s-009
s-092
昭和60年に立てられた六体の道祖神の、最初の一体。
s-093
車道の終点から河原に下りた、
s-010
ここが参道(林道)の入口です。  橋を渡った先が「一之鳥居」ですが、今、鳥居は立っていません。
s-011
参道(林道)には手作りのベンチが、たくさん並んでいましたが、今も増殖中です。
s-012
しばらく登ると、水の音が段々大きくなり
s-013
分岐に鳥居が現れました。
s-014
ここに、二体目の道祖神です。
s-015
階段を下り、木橋を渡った先に
s-016
不動堂と、                                        右側に
s-018
不動滝。
s-020
振り返ると、                              支流の治山ダム。
s-024
不動堂の裏、落石避けが邪魔かな。
s-025
不動堂から左に登ると、参道(林道)に復帰して、また登ります。
s-026
しばらく登ると「矢作滝」ですが、地形図では「弥作の滝」、この御堂は「彌作堂」、
中に不動尊が安置されていましたが、はたしてどの字が本当なのでしょう?
s-082
ここに、三体目の道祖神。
s-028
ここからは、滝壺まで下りられますが、
s-029
中間から。
s-032
そこから少しで、渡る橋も木橋でしたが、付近に仮設トイレもありました。
その付近が、「黒沢越」への登山道の分岐なのでしょう。
s-033
更に登ると2本ありますが、何故か「一本杉」です。
s-034
ここに、四体目の道祖神。
s-036
s-037
更に登ると、「ふくしまの遊歩道50選」にも選ばれた、旧参道入口です。
s-038
s-039
杉並木に変わると、段々傾斜がきつくなります。
s-040
s-042
参道(林道)を横切ると、五体目の道祖神。
s-043
s-044
その先が、石段202段の入口です。   この付近が、参道(林道)でも一番の急傾斜の様でした。
s-045
石段の上で、更に参道(林道)を横切ったり出会ったりした後、また杉並木が続きます。
その中で、この杉が一際太く目に付きました。
s-046
旧参道も終わりに近づくと、最後六体目の道祖神。     この背後には、建物が垣間見えています。
s-047
参道(林道)に飛び出した所が、御本社(奥宮)の前でした。
s-049
s-050
拝殿。                                                  右に
s-054
社務所。                              更に右奥には、トイレもありました。
s-052
拝殿の左に境内社。
s-055
御本社の本殿。


--------------------------------------------


ここからは、本当の山歩きのスタートです。
s-056
薄い踏み跡を辿り、しばらく登ると
s-057
トラロープが現れ、全般に右上に登ります。 この中央の石の上の木の幹は、
s-078
石に縦に巻き付く様に、大きなS字を描いていました。
s-058
トラロープは登山コースを案内する、コースロープの様です。
その途中で背後には梢越しに、飯豊連峰を初めて確認する事が出来ました。

トラロープが終わり、左に30m程トラバースすると、
s-060
涸れ沢の先に平場が現れ、何か案内が置いてあります。
s-061
涸れ沢を渡って、
s-062
振り返る。               大きな倒木にはたくさんのステップが刻んでありました。
s-064
中央の木の右側を、トラバースして来ました。
s-063
この平場から長く太い鎖が7本連続で続き、全般にまた右上に登ります。
すれ違うスペースもほとんどありません。
s-065
鎖場の中間で、直径2m位の木の瘤から、幹が3本程延びていました。
大きな石でも抱えているのかな?
s-067
その上に立つ崖の縁の大木からは、遠景に吾妻連峰と、左下に登山口の大久保地区が見えます。
067 - tc
こんな感じだと思いますが、自信はありません。
鎖場が終わり、左に10数mトラバースすると、
s-068
鳥居が現れ、その奥には
s-070
谷を挟んで、岩窟に格子戸がはまり
s-071
鏡が祀られている様ですし、                         右の石像は、狛犬かな?
奥宮の更に上の此方は、何と呼ばれるのでしょう。
s-073
ここが登山道の終点です。       鳥居の前には、3名位が立てるペースしかありません。
岩場のテラスで北側に開け、右下に遥拝殿のある大久保地区も見下ろせます。
s-075
飯豊連峰のUP。          門内岳~大日岳~御西岳~飯豊本山~種蒔山
s-081
御本社まで下ると、登りでは閉まっていた旅館が、開店準備をしていました。
大山祇神社の6月いっぱいは、「大山まつり」の期間中ですが、それに合わせてでしょう。

参道(林道)を忠実に下って、無事駐車場に戻りました。

s-085
遥拝殿の神楽殿前から見える台倉山で、
s-084 - コピー
あの鳥居があった岩場のテラスは、地形図からは①の様ですが、私は②か③の気がします。
まあ、いずれ①~③のどれかでしょう。


山慣れた人でしたら、最後まで行って見るのも面白いかも知れませんが、
7連の鎖場から上は、スペースが限られ擦れ違い場所も少なく、3名以上で行くと苦労しそうです。