陸奥国 旧白河郡には、延喜式内社が七座あります。

( 延喜式神名帳 )                                         ( 参 拝 日 )

都都古和氣神社 ( 明神大社 )  都々古別神社     福島県棚倉町馬場   平成27年11月 1日
                      都々古別神社              八槻   平成27年11月 1日

伊波止和氣神社           伊波止和氣神社        古殿町      令和 2年 1月 1日
白河神社                白河神社             白河市      平成29年12月 3日
                      鹿嶋神社             白河市      平成29年12月 3日

八溝嶺神社              八溝嶺神社       茨城県大子町      平成29年12月 3日
飯豊比売神社             飯豊比売神社     福島県白河市      令和 2年 1月 1日
永倉神社                永倉神社             西郷村      令和 2年 1月 1日
石都都古和氣神社          石都々古和氣神社  福島県石川町      令和 2年 1月 1日

伊波止和氣神社、八溝嶺神社、飯豊比売神社、永倉神社の御朱印は、頂けていません。

また鹿嶋神社には、今では廃寺となった高石山神宮寺の観音堂が残り、
                 仙道三十三観音霊場 第二十七番札所になっています。

041
鳥居の直前を道路が横切り、参道だと思われる道路は、右にずれていました。
043
福島県古殿町                    伊波止和氣神社
044
045
拝殿
046
社殿左手に、笠石や石祠等。
047
覆屋の中に本殿と、左手の境内社。
048
隙間から、本殿の檜皮葺。
049
覆屋右手の境内社。
050
社殿右奥に土俵。
051
社殿



--------------------------------------------



s-097
福島県白河市                    白 河 神 社
s-099
s-101
こちらは、白河関跡に鎮座しています。
s-100
説明書き
s-103
参道右手に、古関蹟の碑。
s-102
鳥居の前に、編込みでもされたかの様な、ツル性の植物。     他に数ヶ所見掛けました。
s-104
鳥居の先には
s-105
石畳が真っ直ぐに延び、
s-107
s-108
拝殿手前の右手に、境内社等。
s-110
由緒書
s-109
拝殿
s-111
s-IMG_0001
s-IMG_0002
s-117
本殿と、その右に稲荷神社。
s-114
本殿の左に、八雲神社。
s-113
拝殿の左に、境内社。
s-112
拝殿前の左に、古歌碑。
s-120
古関蹟の碑の右奥に、
s-122
太い枝が一種異様な、
s-123
従二位の杉。



--------------------------------------------



s-164
福島県白河市                    鹿 嶋 神 社
s-165
一之鳥居付近から、狛犬が7~8対並んでいました。
s-166
二之鳥居の先の、
s-167
s-168
神橋は、
s-169
石造りの太鼓橋で、その両側にも石板が渡してありました。
s-171
随身門
s-172
裏側には、仁王様の石像。
s-173
拝殿
s-IMG_0003
s-184
本殿
s-174
参道左手に、祈祷殿。
s-175
案内板
s-181
拝殿の左に、境内社。
s-182
本殿の左に、御神木。
s-176
拝殿の右奥に、松尾神社。
s-185
境内右奥には神宮寺由来か、お堂が二棟。
s-177
右側に、弥勒堂。
s-178
左の観音堂は、
s-IMG_0005
s-179
仙道三十三観音霊場 第二十七番札所になっています。

また、鹿嶋神社は、白河地方の総鎮守でもあります。


--------------------------------------------


s-027
茨城県大子町               八 溝 嶺 神 社

こちらは、福島、栃木、茨城の3県に跨る、八溝山山頂に鎮座していますが、ここまで車で登れます。
s-029
鳥居を潜ると、
s-030
左に社務所。
s-031
正面に、拝殿。
s-032
s-033
本殿
s-044
拝殿の左奥に、
s-034
お城形の展望台。
s-043
残念ながら雲が低く垂れ込め、遠望は利きませんでした。
s-039
展望台からの、社殿全景。
s-035
本殿の背後が、山頂です。

こちらは以前、茨城県の依上郷四十二ヶ村、福島県の白河北郷八十六ヶ村、白河南郷五十八ヶ村、
栃木県の那須郡二百八十ヶ村という広大な信仰圏を持っていました。