平成28年9月11日に一度参詣していますが、廻っていなかった所もありましたので、
平成30年2月25日に再訪した時の写真を追加して、あらためて記事にします。

奥の細道 みちのく路三十三ヶ所霊場   第一番札所
北国八十八ヶ所霊場               第二番札所
仙台三十三観音札所              第二十五番

仙台市若林区木ノ下三丁目                     陸奥国分寺 
                           旧 郷 社     白 山 神 社         

s-IMG_0001
敷地配置図             ( 史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設 パンフレットより )

s-118
仁王門
s-120
                                                    右側に鐘楼
s-122
礎石の先に、
s-123
陸奥国分寺 薬師堂
s-IMG_0002-1
s-132
薬師堂の西側に駐車場がありますが、ここへの道路は北側からの一方通行です。
s-129
その西側の道路を越えると、
s-130
仙台三十三観音札所   第二十五番     凖 胝 観 音 堂
s-IMG_0002-2
s-131
観音堂の背後に、たくさんの石碑。          観音堂の南側の道路を西進すると。
s-041
                   真言宗智山派 護国山 医王院 陸奥国分寺  本坊
金光明四天王護国之寺とも呼ばれます。 東日本大震災以前は山門や並木もあった様です。
s-042
今は右の本堂内に、仙台三十三観音の凖胝観音が安置されている様です。
s-IMG_0002
陸奥国分寺 本坊から南下すると大通りに面して、
                    史跡陸奥国分寺・尼寺跡ガイダンス施設が新設されていました。
s-IMG_0003
その大通りを東進し、仁王門を過ぎると。
s-044
白い鳥居が、白山神社の鳥居です。
s-045
参道は右にずれ、この右側に
s-046
七重塔の礎石があります。
s-126
参道の正面に、白山神社の拝殿とたくさんの境内社。
s-050
本殿
s-048
御朱印は頂けませんでした。