陸奥国 旧行方郡には、延喜式内社が八座あります。

( 延喜式神名帳 )
 高 座 神 社             高 座 神 社        福島県南相馬市原町区押釜
 日 祭 神 社             日 祭 神 社                       大甕
 冠 嶺 神 社             冠 嶺 神 社                       信田沢
                      冠 嶺 神 社                   鹿島区上栃窪
 御 刀 神 社             御 刀 神 社                       北右田
 鹿島御子神社           鹿島御子神社                      鹿島
 益多嶺神社            益多嶺神社                   小高区大井
 多 珂 神 社 ( 明神大社 )    多 珂 神 社                   原町区高城ノ内
                     多 珂 神 社 ( 貴船神社境内社 )      小高区仲町
 押 雄 神 社              押 雄 神 社                   原町区諏訪

平成30年3月27・31日の両日に、五社廻りました。
多 珂 神 社は平成28年9月25日に参拝していますので、こちらに纏めたいと思います。

益多嶺神社のみ、ご朱印を頂けました。
s-DSCN7515
南相馬市原町区押釜               高 座 神 社
s-DSCN7517
石段を登ると、右に折れ
s-DSCN7518
更に石段を登ると、
s-DSCN7519
拝殿は、ほぼ東向きです。
s-DSCN7520
扁額
s-DSCN7523
本殿は、覆屋の中でした。
s-DSCN7521
拝殿の左に、石碑。
s-DSCN7527
鳥居の前には、春らしくカタクリが、
s-DSCN7524
満開でした。


--------------------------------------------


s-066
南相馬市原町区信田沢               冠 嶺 神 社
s-067
案内板と社号標。
s-069
参道を進むと、長い階段。
s-070
登り切ったと思っても、また長い階段の先に
s-072
s-073
二之鳥居。
s-074
更に石段を登ると、
s-075
拝殿は、南東を向いていました。
s-077
扁額
s-078
向拝には、たくさんの彫刻。
s-079
本殿にも、彫刻が取り付けられていました。
s-081
拝殿の右に、石碑。


--------------------------------------------


s-034
南相馬市鹿島区上栃窪               冠 嶺 神 社
境内の北側に面する県道に立つ、大鳥居。     大鳥居の中に見える鳥居は、二之鳥居。
右の林の中に、社殿が南向きに鎮座しています。
s-035
由緒書
s-037
南側の川から真っ直ぐ伸びる参道に、一之鳥居。
s-038
一段高く、二之鳥居。
s-039
拝殿にはサッシや外壁材等を取り付け、改修中でした。
拝殿の右に、大鳥居の一部と由緒書が見えています。
s-040
扁額
s-043
本殿
s-041
本殿の背後の社殿には、境内社が五社程鎮座しているそうです。
s-042
その左奥に、ご神木の欅。     その背後には、県道。
s-044
拝殿の左に、石碑。    その背後には、数本の榧。


--------------------------------------------


s-DSCN7546
南相馬市鹿島区鹿島               鹿島御子神社
s-DSCN7548
由緒書
s-DSCN7549
参道の左と拝殿の左に、二本の大欅。
s-DSCN7550
大欅の前に、石碑。
s-DSCN7551
拝殿は、東南東を向いていました。
s-DSCN7552
扁額
s-DSCN7554
本殿
s-DSCN7553
本殿の左に、雷神社。
s-DSCN7555
本殿の右に、石碑。
s-DSCN7556
更に右には、境内社。

平成31年の初詣で、再訪しました。
s-009
JR常磐線 鹿島駅前に鎮座し、
s-010
推定樹齢千年の御神木、夫婦欅は目を引きます。
s-034
s-011
こちらは推定樹齢千年。もう一本は八百年の様です。     奥には、雷神社。


--------------------------------------------


s-019
南相馬市小高区大井               益多嶺神社
s-022
甲子大國社は、益多嶺神社の通称の様です。        大鳥居から600m程参道を進むと、
s-065
s-045
一之鳥居
s-047
s-048
s-049
由緒書
s-050
二之鳥居の左奥に、
s-051
境内社。
s-052
石段を登ると、
s-053
拝殿は、ほぼ南向きでした。     その前には、二個の俵形の石。
s-055
参道左に、大黒様の石像と、
s-057
境内社。
s-056
扁額
s-IMG_0001
s-061
本殿
s-060
本殿の背後と右奥に、境内社等。
s-062
参道の赤い橋から、左に進むと、
s-063
境内社等。
s-064
更に奥の小高い所に、石祠。


--------------------------------------------


s-036
南相馬市原町区高城ノ内               多 珂 神 社
この大鳥居は社殿の北東200m程に北向きに立ち、 右の森の中に社殿が鎮座しています。
s-037
大鳥居から300m程進み、右に180度向きを変えると、社号標。
s-038
一之鳥居       この参道は微妙に拝殿の正面がずれています。
s-040
左に境内社。                拝殿は、南西向きでした。  御神木の前にも、境内社。
s-041
左に、七福神。
s-043
右奥には、社務所。     更に右には、大鳥居から続く参道。
s-044
s-046
本殿には、たくさんの彫刻。     明神大社の格式を感じさせる社殿でした。

多珂神社は、全国の「多賀神社」の中で唯一の「明神大社」で、
東北の多賀神社のルーツですが、こちらも論社の様です。

仙台市(旧名取郡)や宮城県名取市(旧名取郡)、多賀城市(旧宮城郡)にも、
式内社の多賀神社は鎮座しています。


平成31年の初詣で、再訪しました。
s-002
参道や犬走りが改修されていました。
s-033
s-001
本殿と御神木。