da85c1c4.jpg
東北三十六不動尊霊場 第三十一番札所の遠藤ヶ不動尊は、
福島県北部中央に位置する安達太良山の山頂から、
南西に流れ下る杉田川の標高800m付近にある遠藤ヶ滝の、下流1km程にあります。
172187a0.jpg
周辺地形図               別当の相応寺からは、北西に直線でも8km以上も離れ、
s-7fdde2d4
パンフレットにも記載がありませんので、ご注意下さい。
s-104
この滝には「ふくしまの遊歩道50選」にも選ばれた遊歩道が延びています。
727b4842.jpg
9616c60e.jpg
この遊歩道は元々、沢歩き遊歩道で登り、山歩き遊歩道で下って周回するのが順路でしたが、
最上部の橋が水害で破損し、通行不可となっている様です。

今年は花粉症の発症で運動不足となり、体重がヤバイ事になってしまいましたので、
渡渉の可能性も有りスパイク長靴を装備して、周回予定で歩きました。
fde83cf9.jpg
この「三日月の滝」は、滝マニアの間では少々有名な滝らしく、
水量がちょうど良いと、綺麗なスカート状に糸を引いて広がります。
s-105
古い案内図が、根元に置かれていました。
s-106
これが改修されたばかりの、遊歩道入口橋です。     軽トラ位は楽に渡れそうです。
s-107
杉田川の上流方向。
s-161
橋を渡り少し登ると、植林地の中を広い遊歩道が続いていました。
s-109
その先の階段を登ると、
s-113
車道が登って来ていない割に、思いの外、広く整備された境内です。
s-111
右手には、たくさんの不動明王が立ち並び、
s-110
百八体不動尊なのでしょう。
s-116
中央の少し大きな不動明王と向き合って、
s-115
水神なのでしょう。 (刻まれた文字は、水神より牛神に近く見えましたが。)
s-117
その背後に、千体不動堂。
s-114
境内の奥には、予想より遥かに大きかった、
s-119
遠藤ヶ滝不動尊。
s-IMG_0002
別当の相應寺には、平成29年10月8日に参詣して御朱印も頂いていましたが、
今回、遠藤ヶ滝不動尊には、平成30年4月21日にやっと参詣出来ました。
s-120
その右に、赤く塗られた不動明王。     これが、赤不動の様です。 
その更に右に、遊歩道が続いています。
s-121
その少し先で、最初の橋を渡り、登りが始まります。
s-122
遊歩道は、川を高巻いて付けられていました。
s-123
s-124
右に、女人結界の女人堂碑。                     ここから川に向かって下ると、
s-125
2つ目の橋を渡ります。
s-126
更に登って3つ目の橋の先 ( 写真中央 ) に、下の鉄製階段が見えました。
s-131
その左の滝が、
049b99e7.jpg
落差3m位の、三日月の滝でした。
7d4c1d02.jpg
雪解け水で、少々水量が多く、レース模様のスカートでした。
水に入るのを嫌って、岩の上から撮影すると、若干視点が高かった様です。
s-132
少し進むと、2つ目の鉄製階段ですが、その手前に
b98b50c3.jpg
石室があり、
2164c90c.jpg
何か祀られています。
85be7a1f.jpg
そこから少しで、遠藤ヶ滝でした。                 その横にも祠が祀られています。
遊歩道は右の大岩を巻いて付けられ、 滝の上には、この先の遊歩道の手摺がみえています。
s-139
s-140
手摺の先で、川に近付いて進むと、
s-141
破損した橋が見えました。     橋の上方には、補助ロープが渡してあります。
少々余計な物が残っていますが、補助ロープ付きの一本橋だと思えば、特に問題は無いでしょう。
s-142
他に、渡渉出来る場所もありましたが、そのまま渡ってしまいました。 (振り返って撮影)

橋を過ぎると、薄い踏み跡が十字路に見えました。 
案内板では右折する様ですので、右折して登ると、
s-143
小さな立札の左に、朽ちかけた小さな木橋を見付け、   左折すると
s-144
広く明瞭な遊歩道が、トラバースしていました。
s-145
小尾根に向かって、木段が続きます。
s-146
小尾根の上には、薄い踏み跡が下っていました。
そろそろ眺望地か?とも思いましたが、
谷間の中で下っても良い眺望は期待出来ず、スルーして先に進みます。
s-147
小尾根の遊歩道上からは、谷間の奥に安達太良山山頂の乳首の岩場が垣間見えていました。
s-148
更にトラバースを続けると、概念図がありましたが、小枝が邪魔ではっきりとは見えません。
特に記載はありませんが、ここが眺望所なのかな??
s-150
その先で、緩く下り始めると、
s-151
右から、林道が近付いて来ました。
s-151 - t
この後ろの案内板は、
s-152
クロスカントリースキーコースの案内板でした。
1606c239.jpg
遊歩道上には、駐車場とほとんど同じ内容の、古い案内板。
s-154
その先の、木段で一気に高度を落とします。
s-156
s-157
遠藤ヶ滝不動尊の境内が見えて来ました。
s-158
左の本堂裏の階段に下りるのかと思っていましたが、   右の千体不動堂の裏に下りました。
往路を辿り、無事下山。

今、改めて調べてみると、「ふくしまの遊歩道50選」は実際には60ヶ所ありますが、                

 6.私の好きな「霊山」
12.「日山」
13.隠津島神社のある「木幡山」
15.半分程歩いている「信夫山」
17.今回の「遠藤ヶ滝」
27.「入水鍾乳洞 ・ あぶくま洞」
43.裏磐梯の「五色沼」
44.雄子沢からと、雄国山経由の「雄国沼」
52.「大山祇神社 御本社参道」
56.松川浦入口の「鵜の尾岬」               と、すでに10ヶ所歩いている様です。