平成30年4月21日に、参拝しました。
長谷観音堂は、平成28年10月9日に参詣していますので、こちらに纏めたいと思います。

( 安達三十三観音 )  ( 北国八十八ヶ所 )
 第十六番札所                      長 谷 観 音 堂       福島県二本松市油井
 第二十二番札所    第二十七番札所      永松山 龍泉寺                 二伊滝

s-016
参道は大きくカーブして、左の林に向かいます。
s-001
大きな石灯籠が一対。
s-002
福島県二本松市油井               長 谷 観 音 堂      
s-005
石段は数回折れ曲がり、途中に稲荷社。
s-006
更に登ると、門と呼ぶには残念な状態でした。
s-007
境内は整備中でしたが、
s-008
右に、境内社や石仏等。
s-009
左にも、境内社や石碑等。
s-010
観音堂の周りには、
s-012
西国三十三観音の石像。
s-013
観音堂の右前方に、舟型松。
s-015
長谷観音堂は、南東を向いていました。
s-014
長谷観音は皆巨大な立像をイメージしますが、極端に大きくも無い様です。
s-IMG_0001
観音堂内に置かれた、縁起のプリント。
s-IMG_0002
B4サイズと大きかったので、前半と後半に分けてスキャンしました。



--------------------------------------------



s-162
福島県二本松市二伊滝               曹洞宗  永松山 龍泉寺s-163
s-165
格子と仁王像が近過ぎて、一枚に収まりませんでした。
s-166
s-167
石段を登ると、
s-168
本堂
s-171
s-173
本堂の左に、
s-174
ほとんど全面に銅板が張られたのは、 不動堂かな?
s-175
振り返ると本堂の右前に、大きな宝篋印塔と、               鐘楼。
s-176
本堂の左前方に少し離れた、駐車場に面して、
s-180
安達三十三観音霊場 第二十二番札所の、 観音堂。
s-177
s-178
説明書き
s-179
隣に、笠守稲荷。
s-181
車道入口の看板。

どちらもお留守の様で、御朱印は頂いていません。