北国八十八ヶ所霊場      第二十九番札所
猪苗代三十三観音霊場    番外札所四         恵 日 寺        福島県磐梯町

延喜式内社 旧耶磨郡    磐椅神社           磐梯神社             磐梯町


恵 日 寺は、 東北で開基の明らかな寺院の中で最古のものです。
磐梯神社は、  慧日寺の鎮守として祀られてきた磐梯明神を、
          明治の廃仏毀釈で廃寺となった慧日寺薬師堂に、磐梯神社として祀り、
          その後の火災等で何度か遷座した後、現在地に祀られています。

恵日寺には、平成30年4月21日に参詣しました。
磐梯神社には、平成29年8月27日に参拝していますので、再録して纏めたいと思います。
s-041
県道から参道を進むと、慧日寺跡に出ます。
s-071
s-039
案内板
s-039 - コピー
案内図のUP。
s-038
慧日寺跡の手前左側に、現在の恵日寺の門柱等 ( 参道入口 )。
s-037
右側の水路の橋を渡ると、
s-033
右側に案内板が2枚。
s-035
s-036
慧日寺は明治初頭に廃寺となり、現在の恵日寺は、塔頭の観音院をもとに再興されました。
史跡は、「慧日寺」。 再興された寺院は、「恵日寺」と書く様です。
s-034
福島県磐梯町               真言宗豊山派  磐梯山 恵日寺
s-IMG_0003

慧日寺跡に戻り右折、水路との間を進むと、
s-043
左に、
s-042
復元された、          中門と                    金 堂。
s-064
更に進むと、赤い橋のたもとに出ます。 左折すると、
s-044
仁王門。                            右側を道なりに進むと、左に磐梯神社。       
s-045
案内板
s-046
s-047
s-048
その奥に、薬師堂。
s-049
案内板が2枚。
s-050
左の史跡との境に下り、奥に進むと、
s-052
s-053
徳一廟
s-054
案内板
s-055
徳一の墓と伝わる、石塔。
s-063
赤い橋まで戻り、更に南下し突き当りを左折すると、左に参道。
s-062
案内板
s-061
s-060
右奥の木の根元には、 石祠。
s-059
修験寺院の、               不動院 龍宝寺 不動堂。
s-056
案内板
s-056 - コピー
UP
s-057
左奥にも、石祠。
s-065
赤い橋まで戻り、慧日寺跡入口を通過すると、                  ( 右端は、仁王門 )
s-070
資料館の手前に、
s-069
馬頭観音堂。
s-066
中の厨子は、
s-067
厩岳山山頂付近の馬頭観音堂から、
s-068
平成元年に遷し安置した様です。


--------------------------------------------


s-098
仁王門から道なりに進むと、左に
s-099
                              磐 梯 神 社
s-100
拝殿と社務所。
s-101
s-102
扁額
s-104
本殿
s-103
本殿の左に、石祠等。
s-105
社務所の右にも、石祠等。
s-106
記念碑