平成30年11月18日に、参拝しました。

第十三番札所               安養山 浄勝寺            宮城県気仙沼市本吉町
第十五番札所               東瀧山 華光院 浄念寺                 東中才
第十六番札所               遠浦山 松岩寺                       松崎浦田
第十九番札所               亀谷山 地福寺                       唐桑町
第二十三番札所              愛宕山 地福寺                       波路上牧

s-DSCN9687
第十三番札所        臨済宗 妙心寺派  安養山 浄勝寺        宮城県気仙沼市本吉町
s-DSCN9689
石段の上に、山門。
s-DSCN9690
山門の右手に、鐘楼と奥に展望デッキ。
s-DSCN9691
正面に、本堂。
s-DSCN9695
東日本大震災で被災したのか、本堂に比べ新しい向拝。
s-DSCN9692
山門と本堂の扁額は、共に山号が刻まれていました。
s-DSCN9694
屋根勾配がきつく、高い屋根の本堂。

ご住職が外出中で、ご朱印は頂けませんでした。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


s-DSCN9716
第十五番札所        浄土宗  東瀧山 華光院 浄念寺        宮城県気仙沼市東中才
s-DSCN9717
参道正面に、
s-DSCN9718
本堂。
s-DSCN9719
扁額
s-DSCN9720
本堂の左手に、
s-DSCN9721
観音堂。
s-IMG_0001-2


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


s-DSCN9704
第十六番札所          曹洞宗  遠浦山 松岩寺          宮城県気仙沼市松崎浦田
s-DSCN9705
参道左手に、
s-DSCN9706
不動堂。
s-DSCN9707
扁額
DSCN9708
その先に、山門。
s-DSCN9709
扁額
s-DSCN9710
山門の先、左手に鎮守。
s-DSCN9715
その右に、平和観音。
s-DSCN9714
s-IMG_0014
s-IMG_0007
東日本大震災慰霊 みちのく巡礼札所、という霊場がある様です。
DSCN9711
更に右手には、鐘楼。
s-DSCN9713
梵鐘は、太平洋戦争中に供出された後、後日再建された様です。
s-DSCN9712
参道正面に、本堂。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


s-DSCN9722
第十九番札所          曹洞宗  亀谷山 地福寺          宮城県気仙沼市唐桑町
s-DSCN9723
山門
s-DSCN9724
扁額
DSCN9725
正面に、
s-DSCN9726
本堂。
s-DSCN9728
見事な彫刻が取り付けられた、向拝。
s-DSCN9727
参道左手に、鐘楼。
DSCN9729
本堂の左手に、
DSCN9731
百合菊観音。
s-DSCN9730s-IMG_0008


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


s-DSCN9698
第二十三番札所        臨済宗 妙心寺派  愛宕山 地福寺        宮城県気仙沼市波路上牧
s-DSCN9700
山門の先に、4つの礎石が残っていました。     元々こちらに山門が建っていた様です。
s-DSCN9701
本堂と檀信徒会館が一つになった、珍しい造りの伽藍。     本堂正面は、玄関の左、中央の石段の先。
s-IMG_0011
珍しく絵入りのご朱印がありました。   他にも数種類の絵入りのご朱印を、ご住職自ら描かれる様です。
s-DSCN9702
太平洋まで見渡せる玄関の横には、
s-DSCN9703
津波到達水位の表示。     天井付近まで津波が上がった様です。
ここの標高は8m程ですので、高さ10m以上の津波が襲った様です。
こちらは、太平洋に面した岩井崎の半島中心部です。
津波の高さが増幅される地形ではありませんので、驚きました。
s-DSCN9696
山門前には、いのりの広場。
s-DSCN9697
その背後に、鎮守。